漫画DEマサイの美容室

 

[トップ ページ][笑う講座][カンカン仲間募集][開店!東アフリカ商店][漫画DEマサイの美容室][リンク]

[1.マサイの美容室@
[1.マサイの美容室A
[1.マサイの美容室B
[1.マサイの美容室C
[1.マサイの美容室D
[1.マサイの美容室E
[1.マサイの美容室F
[2.東アフリカ美人画法@
[2.東アフリカ美人画法A
[2.東アフリカ美人画法B
[2.東アフリカ美人画法C
[3.笑話集@
[3.笑話集A
[3.笑話集B
[3.笑話集C
[3.笑話集D
[4.マサイという民族 と 作者じこ紹介] 

漫画DEマサイの美容室

第1部 : マサイの美容室

この物語は、わたくしダラダラマリが、

タンザニアの海岸都市

ダル・エス・サラームにある

マサイの美容室長屋を

レポートしたものです。

マサイの美容室には、

どなたでもおいでいただけます。

そして美容室を訪れた

おひとりおひとりが、

それぞれ異なった体験を

なさるだろうと思います。

      

  

そんな私たちの体験

ひとつひとつの集積が、

21世紀の、

「ぶ、ぶ、ぶ、文化人類学的遺産!」

となることでしょう

(ってホントか?、みたいな…)。

さあ、いざ、マサイワールドへ!

 

  第2部 : 東アフリカ美人画報

東アフリカの人々は、

アジアの人々とはまた違う

美しさを持っています。

手を加えなくても十分美しいのに、

加えたくなるのがニンジョー

というものらしく、

とくに女性たちは、

おしゃれに余念がありません。

                 

     

        

     

彼女(あるいは彼)らの

おしゃれにかける情熱を、

髪型を中心に追います。

そして私たちは、

頭に虫をくっつけていたり、

暑いのに用もなく(?)

ヘルメットをかぶっていたり

というような、

不思議な世界に

足を踏み入れてしまうことに

なるのです!

付録「タンザニア人100人にききました、あなたはどの髪型が好きですか‐ニッポン著名人編」もあります。

 

 

 第3部 : 笑話集

リポーターであるダラダラマリは、

マサイの美容室に入り浸っている間、

さまざまな笑える出来事にぶち当たりました。

これらの出来事を「文化理解」と銘打って、

漫画で表現しました。

 

        一の巻 写真@

        二の巻 写真A

        三の巻 

        四の巻 展覧会の絵

         五の巻 訓練

        六の巻 モーリとパンツ

        七の巻 マサイジャンプ

 

お読みの皆さまには、

マサイの美容室に赴くさいの

参考・心構えとしてご活用していただくか、

あるいは単に、

のけぞっていただければ幸いです。

 

   第4部 : マサイという民族

                      と 作者じこ紹介

 学問的な「理論付け」が苦手なダラダラマリは、「マサイという民族」という学究的な文章が書けずにおります。

 完成までもう少々お待ちください。

 作者じこ紹介 : ダラダラで少々自己反省的な世界へ、あなたをいざないます。

本文へGO! 左上のバーをクリックしてください。